げしゅまろ先生の可愛くて悩ましい生水彩JK画がデザフェスで展示中!

611

以前記事(この場所についてはリンク先の記事を読んでね)にしたデザインフェスタギャラリーに再び行って来た。というか、記事にしていないだけで、割と月に何度か散歩がてら行っているのだが、今回は是非とも記事にしたい展示があったのだ。

それは何かというと、そう、あの健全にえっちい感じのJKのイラスト等で沢山の人々の健全な心を乱し人気を博しているげしゅまろ先生(@mashumaro_00)が、デザフェスにて生水彩原画を出展されるというのだ。

僕が展示について知ったのは、4/3日に先生が「アナログ作画&らくがき」というタイトルでライブ放送をされた時の事。

げしゅまろ先生が「原宿のね、デザイン何とか・・・っていう所で・・・覚えてないw」という感じで、やや曖昧な感じで告知をされたのだ。

偶々ライブ放送を見ていた僕は「え、原宿のデザイン何とかって、デザフェスじゃね?マジ?」と思い、コメントで「デザインフェスタギャラリーですか?」的な感じでコメントした所、先生がコメントを拾って下さり「それです!」という流れに。

しかし、実の所やや不安でもあったのだ。というのも、原宿には「デザインなんたら」や、「なんたらデザイン」という名前の展示場が他にもある心配になって、放送終了後にデザフェス公式の展示スケジュール欄を確認したが、げしゅまろ先生の名前はどこにもない。

あれ・・・これ間違ってたんじゃね?別のデザインなんたらじゃね?本当に違っていたら知らないふりをしていよう・・・。という感じで実に卑怯な事を考えていたのだが、前日の13日にチェックしてみると、ちゃんと掲載されていた。

所で、げしゅまろ先生といえばコミックNewtypeにて「椿様は咲き誇れない」を隔週で掲載されており、単行本1巻の発売も5/26日に控えているガチのプロである。

デザフェスでげしゅまろ先生の様な方が展示されるというのはまずないというか、ぶっちゃけ僕は他に同様の例を見たことが無い。印刷された既出の作品のコピーならまだしも、生の、しかもデジタルではない水彩原画となればもうこれは見に行くしかないではないか。

ということで、前置きがやや長くなりましたが初日14日の昼過ぎに行ってきました。
この奥に見える左側の部屋に先生の原画が・・・ッ!!

とりあえず入ってみると、中には色んなアーティストさんの作品が

げしゅまろ先生の原画は・・・

一体どこに・・・

あっ

ああああぁぁあああアアアアッ!!!

げしゅまろ先生の!生水彩原画!!可愛い!!!わき腹!!!ふともも!!!!パンツ!!!!!

遠目に見ても既にげしゅまろ先生感が圧倒的
そして近寄って見ると、やはり水彩原画という事で生々しい筆のタッチとか、複雑な色の配合具合とかまでよく見える為、デジタルだと中々伝わりづらい圧倒的技術力やセンスに圧倒されるぅうううう!!

僕のクソ写真じゃわからねぇ?
いやあの、デジタルで写真撮る方には分かると思うんですけど、デジカメってこの淡い感じの複雑な紫がかった灰色というか、アジサイ色というか、そういうのの再現がめちゃくちゃ苦手じゃないですか?(※ただしシグマのフォベオンを除く)なので・・・まぁ皆さん現地まで見に行こう。

そして、なんと僕が見に行った時に、偶然げしゅまろ先生ご本人が在廊していらっしゃって、展示に至った経緯や、これまで絵を描いて来られた経歴などをお聞きできただけでなく、なんとポストカードにサインまで頂けたので自慢させてもらおう!(これ今クッソ暗い部屋で小さいオレンジの電灯の下で写真撮った所為で黄色がかってるけど許してくださいなんでもしますから)

滅茶苦茶気さくにサインしてくださった先生、有難う御座います。人類が滅びても次の文明まで残る位に万全な保存方法を模索します。

ちなみに、この先生がサインしてくださったポストカードだが、1人2枚までTake Freeで会場においてあるのだ。(枚数に限りがあるので注意)

この名刺も可愛い(ちなみに名刺の裏も可愛い)

というわけで、現状げしゅまろ先生の生水彩セーラーJKわきばらふとももパンツ原画が見れるのはデザフェスだけ・・・!しかも明日(4/16日 月曜日 17:00)までの限定ッ!!

げしゅまろ先生 Twitter:@mashumaro_00
          Pixiv:げしゅまろ
コミックNewtype 「椿様は咲き誇れない」 作品情報ページ
デザインフェスタギャラリー 公式HP (開館11:00 閉館20:00)