「サイバーパンク エッジランナーズ」の例の曲 ”I Really Want To Stay At Your House” をオフィシャルに超忠実に和訳したぞ!

9743

 

CDは無い(DL販売のみ)し、もちろん公式から和訳は出ていないこちら。みんな歌詞がどんな意味か知りたいっしょ?

誰か和訳作ってるかな? と思ってYouTube動画とか見たけど、ぶっちゃけ全部間違っている(そもそも公式と違う英語の歌詞が出回っている)ので、じゃあ自分でやるかと。

まずは広まってる歌詞や既出の和訳が間違っているとする根拠から。オフィシャルに世界一忠実な英語の歌詞と、僕渾身の和訳だけ見たい人は、ページの一番下まで飛ばしてくれ

 

・不審なソース

現状、PCで ”I Really Want To Stay At Your House 歌詞”とか ”I Really Want To Stay At Your House lyric”でググって一番上に出てくるのは musixmatch という楽曲配信サービスのもののもよう。

ここはSpotify Premium Accountを持つ権利者がデータベースに歌詞を追加することができるようだ。

ではこの歌詞はどこの誰が権利者となって追加したのかをチェックすると、©Blue Raincoat Songs Limitedとなっている。

ググると、名前が酷似したBlue Raincoat Musicという会社は出てくるのだが、Blue Raincoat Songsはよくわからない。お前どこの誰だよ?

そもそも”I Really Want To Stay At Your House” のレコード会社はLakeshore Recordsだ。Cyberpunk Edgerunnersの公式Twitterがツイートした公式Spotifyの権利者もこの通り。Blue Raincoat Songsなる謎の権利者が介在する余地はない。

ということで、ググって真っ先に出てくる英語の歌詞の信ぴょう性はクソほども無い。具体的に挙げはしないが、現状存在する和訳は全てこの Blue Raincoat Songs Limited が投稿した musixmatch の歌詞に基づいた、非常に疑わしいものとなっている

その他の公式と何の関係もない歌詞紹介サイトやYouTuberたちの歌詞も軒並みチェックしたが、体感で8割くらいmusixmatchのものと一致していた。残りの2割は自分で聞こえた通りに書き下ろした歌詞だと思われる。

どいつもこいつもファクトチェックがナイトシティの娼婦の腐れ穴なみにガバすぎて笑えるぜ!

あまりやりすぎたら陰湿なクソYouTuberとか、その下らないファンネルどもに刺されそうだからこの辺にしておこう。

 

・公式の歌詞動画

じゃあてめぇの言う “オフィシャルに忠実な歌詞” ってどこ産だよ!? って言われると思うんだが

 

そりゃあオフィシャル産に決まってんじゃん。

 

正規に権利を保有する Lakeshore Records が、ちゃんと公式HPにもリンクを掲載している公式度100%のYouTubeチャンネルで、歌詞動画を出してくれてんだよ!!

勝手に楽曲をアップしているであろう、世のあらゆる歌詞動画よりも再生数が低くてかわいそう。

 

ということで、上の動画に表示される世界で最もオフィシャルに忠実な歌詞と、そこに僕の英語力をコラボさせた和訳がこちら。アニメ基準だとルーシー目線っぽさを感じる。でもゲーム本編だとエヴリンとジュディとか、ジャッキーとミスティとかにも当てはまりそう。

 

【1番】
I couldn’t wait for you to come clear the cupboards
(早く散らかったままの食器棚を片付けに来て なんて思ってたら)

But now you’re gone and leaving nothing but a sign

(あなたはいなくなってしまった ※このsignは”散らかったままの食器棚”という、”あなた”がいたことの痕跡を指すので、言葉にしないのが適切と判断)

Another evening I’ll be sitting reading in between your lines
(以来ずっと夕暮れ時にはあなたのことを考えている ※reading in between your linesで、”あなた”がいた頃に交わした言葉の行間を読んでいるというのが直訳となるが、要はすれ違いのあったカップルで未練のある方が相手の事をとめどなく考えているという状況)

Because I miss you all the time
(だってあなたのことが恋しいから)

【プレコーラス】
So, get away
(逃げ出そう / もうどこかに行って ※見方によって意味が変わる。プレコーラスの内容を自分自身に対して言い聞かせていると見た場合は前者。考えずにはいられない、いなくなってしまった”あなた”に対する想いであれば後者)

Another way to feel what you didn’t want yourself to know
(そうすれば知りたくも無かったことと向き合うことができる)

And let yourself go
(そして楽になるの)

You know you didn’t lose your self control
(いつだって自分を見失わずにやってこれたじゃない)

There’s just no end of the rainbow (非オフィシャルは “Let’s start at the rainbow” 確かにそう聞こえるけど。昔流行ったテイラースウィフトのStarbucks Lovers並に聞こえる)

(虹には終わりなんて無いんだから ※完全に僕の解釈だが、たぶん”自分を見失わずに上手くやってこれた”これまでの状況を”虹”に例えてるんじゃないかなって。ちなみに、実際に虹は円形に発生している。地上付近で観測される虹は地面にぶつかって上半分しか見えないけれど、空中ではちゃんと円が閉じた虹を観測できる FYI)

Turn away
(引き返しましょう)

Another way to be where you didn’t want yourself to go

(それが、行きたくは無かった場所に向かうための方法)

Let yourself go
(そして楽になるの)

Is that a compromise?

(これって妥協かしら?)

【コーラス】
So what do you wanna do, what’s your point of view
(ねえ何がしたい? 意見を聞かせて)

There’s a party, screw it (非オフィシャルは “soon”)

(パーティやってるって。クソくらえね)

Do you wanna go?
(あなたは行きたいの?)

I handshake with you, what’s your point of view
(仲直りをしましょう。どうかしら?)

I’m on top of you

(私があなたの1番なんだから)

I don’t wanna go
(で、私は行きたくないの)

Cos I really wanna stay at your house
(だって、あなたの家にいたいんだもの)

In the palace it all works out (非オフィシャルは “And I hopе this works out”)
(ここはなんでも上手くいく場所だから)

But you know how much you fuck me up (非オフィシャルは “you broke me apart”)

(でも、あなたはどれだけ私をメチャクチャにしたか分かっているのかしら)

I’m done with you, I’m ignoring you
(もうたくさん。無視するわ)

I don’t wanna know

(知りたくなんかない ※彼女とかを怒らせた時の “もう知らない!” とか、弁明に対して “聞きたくない! どうでもいい!!” みたいな おこムーヴ に近い感じ)

【2番】
And I’m awarе that you were lying in the gutter
(あなたがどうしようもなくなっているのは分かってた)

Cos I did everything to be there by your side

(だって、あなたの傍にいるためになんだってやってきたもの)

So when you tell me I’m the reason I just can’t believe the lies

(だから私のせいだって言われても、そんな嘘は信じられない)

And why do I still wanna call you 

(それなのに、どうしてまだこんなにもあなたの声が聞きたいの)

[1番と同じコーラス]

Ahhhh
I don’t know where I’m going (非オフィシャルは “I don’t know why I’m no-one”)

(わたし、これからどうしたいんだろう)

[1番と同じプレコーラス]

[1番と同じコーラス]

CD PROJEKT®, Cyberpunk®, Cyberpunk 2077® and Cyberpunk: Edgerunners® are registered trademarks of CD PROJEKT S.A. © 2022 CD PROJEKT S.A. All rights reserved. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.